クラウドソーシング、バイト、どっちが稼げる?

在宅ワーク・副業

クラウドソーシングの方がバイトより稼げる!?とは限らない

クラウドソーシング、バイト、どっちが稼げる?

自宅にいながらにして稼ぐことが出来る、クラウドソーシングを利用しての在宅ワーク、副業
主婦や会社員の方の副業としても人気です。

クラウドソーシングでアルバイトとして仕事をしたいな、という大学生も増えているかもしれません。

「もっとお小遣いが欲しい」

「好きな時間に仕事をしてお金を稼ぎたい、少しでも自活の足しにしたい」

クラウドソーシング初心者・未経験の方も多いと思います。

自宅でスキマ時間を使って稼げるクラウドソーシングには大きなメリットがあります。
しかし、バイトよりも稼げるとは限りません。

最低賃金(最低時給)とか無いですからね。

クラウドソーシングとバイトを比較、注意点について抑えておくことも貴重な時間を無駄にしないために重要です。

クラウドソーシングの方がバイトより稼げる!?とは限らない点について、ご紹介しています。

クラウドソーシングの利用年齢制限

そもそも、クラウドソーシングの利用は年齢制限があります。

そこで、利用年齢についてまずは確認をしたいと思います。

クラウドソーシング最大手のクラウドワークスでは次のように規定されています。

【共通】未成年(20歳未満)の利用について

クラウドワークスは18歳未満の未成年はご利用いただけません。
また、18歳以上の未成年の方は、ご利用にあたり別途保護者の方の同意が必要になります。

こちらもクラウドソーシング大手、ランサーズはこのように利用年齢が定められています。

未成年でも利用することができますか?

ランサーズは、18歳以上の方であればご利用をいただくことができます。

もう一つ、ビズシークというクラウドソーシングサイトでも、

【使い方】どんな人が利用できますか?

個人・法人問わず利用が可能です。仕事を発注・受注することができます。

ご利用は満18歳以上の方を対象とさせていただいております。
未成年の方は、別途、保護者の方の同意が必要です。

となっており、クラウドソーシングサイトの利用は18歳以上から、となります。
(調べた範囲では、全て18歳以上から利用可能でした)

基本的には大学生、専門学校生などの方は利用可となります。

クラウドソーシングによっては、「18歳以上の未成年の場合、別途保護者の方の同意が必要」となることもあります。

そのため、18歳以上、未成年の方は利用方法はしっかりと確認されることが必要です。

クラウドソーシングのメリット

webライターの仕事

クラウドソーシングで稼ぐメリットは大きく3つあります。

1日の中で好きな時間、好きな場所で働ける

クラウドソーシングで稼ぐ最大のメリットは、

1日の中で好きな時間、好きな場所で働ける

ということですよね。

そのため、仕事から帰宅して寝るまでの間の2時間ほどをクラウドソーシングの作業に当てる。

バイトのようにシフトが決まっていないので、空き時間を上手く利用してバイト代わりに働く、といったことが可能です。

バイトに加えて、クラウドソーシングで副業、みたいな感じでさらにお小遣い稼ぎをしている方も。

クラウドソーシング初心者・未経験でも出来る仕事も多い

主にクラウドソーシングの仕事をするにはパソコンが必要です。

タブレットでもキーボードがあれば、スピードが出ますので良いかもしれません。

スマホで出来るクラウドソーシングの仕事もありますが、限定はされますね。

環境さえあれば、クラウドソーシング初心者・未経験でもすぐに取りかかれる仕事・案件が多数あるのもメリットです。

  • データ入力
  • ライティング

この2つは気軽に取り組める在宅ワークの代表的な2つの仕事だと思います。

スキルが身に付く仕事もある

クラウドソーシングで請け負う仕事によりますが、スキルが身に付く、伸ばせる仕事もあります。

データ入力などではありません。

デザイン・イラスト系の仕事や、WEBサイト構築、プログラム関連など、クラウドソーシングには様々な仕事依頼があります。

もし学校で学んでいるスキル、将来的にフリーランスとして活動したい仕事に関連した案件があれば、選んで仕事を請けることでスキルが身に付いたり、伸ばすことも可能です。

ただし、そうした仕事は単純作業では無いことが多いため、作業時間をより長く確保するなどは必要にはなるでしょう。

クラウドソーシングのデメリット

クラウドソーシングのデメリット

クラウドソーシングにはデメリットもあります。

より重要だと思うのは、これらのデメリットをしっかりと理解してからクラウドソーシングで仕事をすることだと思います。

アルバイトより稼げないことが多い

クラウドソーシングで稼ぎたい!と思った場合、どれくらい稼ぎたいかにもよりますが、最初は特に稼げないと考えた方が良いです。

例えば、都内で大学生が週5日、1日5時間で時給1100円でアルバイトをした場合の月収(月に20日働いたとして)は、11万円です。

クラウドソーシングで探せるデータ入力の仕事は、単価の相場として1件あたりの300円などの案件が多いです。

数をたくさんこなして、稼ぐ、ということになります。

記事作成の案件はSEOの知識がついて認められてくると、1文字の単価も上がりますからデータ入力よりも高い収入が得やすくなってきます。

ただし、クライアントによっては質に厳しいため、やり直しが多く大変です。

最初は、なかなか納品が完了出来ず、他の仕事が出来なかった・・・という状況になる可能性もあります。

人と関わりが無いので寂しい

人によるかもしれませんが、アルバイトだと職場に上司もいてバイト仲間もいて話をしたりとコミュニケーションも楽しさの一つといえます。

しかし、在宅ワークは基本的に一人。
コミュニケーションもメール、メッセージアプリとなりますので、言葉を交わすことはありません。

人と関わることが無いため、それが寂しくて続かない・・・というケースもあります。

人との関わりが面倒、コミュニケーションが特に無くても気にしない、といった方には気楽で働きやすいかもしれません。

クラウドソーシングは自己管理ができないと難しい

クラウドソーシングは自由に働くことが出来るのがメリットです。

しかし、それには自己管理が出来ることが前提となります。

請け負ったものの、なんとなくやる気が出ずにズルズル後延ばしにしてしまい、結果として納期に間に合わなかった、ということになる可能性はあります。

納期に遅れるのは現実の仕事であっても、クラウドソーシングでもNGです。

評価も下がりますし、評価欄に納期に間に合わなかったことを書かれる可能性もあります。

同じクライアントからは仕事は貰えなくなるでしょう。

意外と他のことが忙しくなってしまって、在宅ワークの時間が取れなかった、といった言い訳はできません。

クラウドソーシングで仕事をする場合、確実に作業時間を取り、納期に間に合わせることが大切です。

時給で働くアルバイトは「確実に稼げる」

クラウドソーシングで稼ぐには、単価の安い仕事であれば、

「とにかく数をこなす」

ことが必要です。

データ入力などは単純作業です。
黙々と入力、調べてコピペ、延々と続きます。

そうした作業が辛い人もいると思いますので、無理に続けると大きなストレスになってしまいます。

記事作成の仕事はデータ入力と比較して高単価にはなります。

しかし記事作成も数をこなさないと、アルバイト代ほど稼げないでしょう。

クラウドソーシングは納品して完了して貰わないと、報酬が発生しません。

最初の頃は、時給換算したら時給300円以下だった・・・なんてことも実際あります。

対して、実際にコンビニ、スーパー、居酒屋、工場などで働くアルバイト・パートは時給です。

その場に行って仕事をすれば、確実に収入になります。

確実に給料が欲しい、生活がかかっている、出費に備えて稼いでおく必要がある、といった場合にはアルバイトをおすすめします。

それでもクラウドソーシング稼ぎたい

クラウドソーシングのメリット・デメリット、両方を見てきました。

それでも、時間を自由に使って働けるクラウドソーシングで稼ぎたい!という方も多いと思います。

その場合、

でご紹介しているような、クラウドソーシングサイトの活用がおすすめです。

大手クラウドソーシングサイトの利用が安心・安全ですし、様々な案件が掲載されているため、スキル・レベル、作業に取れる時間に合わせて仕事を探しやすいメリットがあります。

クラウドソーシングをこれから始めたい、安定して在宅ワークの仕事を探したい、と言った場合にもおすすめです。

-在宅ワーク・副業
-,

Copyright© 副業・在宅ワークで稼ぐ! , 2020 All Rights Reserved.