テープ起こしの在宅ワーク

テープ起こし(文字起こし)

在宅ワーク 副業 文字起こし

テープ起こしの在宅ワーク、副業で稼げる?

テープ起こし(文字起こし)のお仕事は、特別な資格も必要なく、誰にでも取り組みやすい在宅ワーク・副業といえます。

それでいてデータ入力よりも単価が高いお仕事が多いですから、在宅ワーク初心者の方にも人気となっています。

在宅ワークの中でも、テープ起こしは始めやすいことが特徴といって良いでしょう。

初心者・未経験者の方でも、丁寧に音声を聞き、文字起こしをしていけばお仕事を完了することが出来ます。

経験を積んでいくことで、文字起こしのスピードも上がります。
その分、在宅ワークとして多くのお仕事をこなせますから高収入を得やすくなると言えます。

在宅ワーク、副業にテープ起こしはおすすめの仕事です。

在宅ワーク、副業にテープ起こしはおすすめ

文字起こしの在宅ワーク

在宅ワーク、副業にテープ起こし(文字起こし)はおすすめです。

集中できる時間がまとまって取れる方は、特にお仕事がしやすいのではないでしょうか。

在宅で文字起こしの仕事をする場合、主に以下のような仕事内容で募集が見られます。

  • インタビューやセミナー、会議などの音声を文字に起こす
  • YouTubeの文字起こし

最近、増えてきているのがYouTubeの文字起こしです。

YouTubeの文字起こしはインタビューの音声などと比べて短時間のものが多いですから、取り組みやすいのではないでしょうか。

テープ起こし(文字起こし)のメリット

テープ起こしの仕事のメリットは、パソコンがあればすぐにできることです。

テープ起こしアプリとして、無料ソフト(フリーソフト)「Okoshiyasu2(おこしやす2)」なども利用することで、効率良く文字起こしの仕事をすることが出来ます。

納期を守れば、在宅ワークとして自由度の高い働き方も可能です。

テープ起こし(文字起こし)のデメリット

テープのデメリットとしては、初心者の間は仕事をするのにどうしても時間がかかる、という点です。

どんな仕事でもそうですが、慣れるまでは思った以上に時間が必要で大変と感じるかもしれません。

またテープ起こしの在宅ワークは、継続して仕事を受注するのが難しい仕事でもあります。
応募者多数のクラウドソーシングを利用する場合、単価競争になるケースも少なくありません。

可能であれば、仕事に満足して貰い、継続して発注してもらえるクライアントを見つけられると良いですね。

専門性が高い業界のテープ起こしの仕事を受注すると、言葉の意味が分からず、調べることに時間がかかるといったこともデメリットになるかもしれません。

勉強が大切な仕事ですから、知識を入れることが好きな方には向いた仕事かもしれないですね。

テープ起こしは在宅ワーク初心者にもおすすめの仕事

テープ起こしは特別な資格も不要ですし、それこそしっかりと集中できる時間が取れる方であれば、丁寧に取り組めば必ず仕事を完了することが出来ます。

そういった意味では、在宅ワーク初心者の方にもおすすめの仕事、といえます。

ブログ記事などの在宅ワークもありますが、クライアントによっては書式が決められていたり、質が悪いと納品拒否されることもあります。

もちろん、文字起こしも依頼された条件に沿って納品することが必要ですから、ケバ取りなど文字起こしのルールを学ぶことも大切なポイントになります。

テープ起こしの仕事に慣れるまでは、できるだけ短納期の仕事は避けた方が良いかもしれません。
(音声データの分数にもよります)

仕事に集中できる環境があるなら、テープ起こしの在宅ワークは副業におすすめ

テープ起こし(文字起こし)の在宅ワークは、副業にもおすすめの仕事です。

特別なスキルも特に必要ありませんし、他の在宅ワークの仕事と比べて高単価の案件も多いと言えます。

テープ起こしの給料(単価)相場

テープ起こし(文字起こし)の相場としては、1件あたり2,000円~6,000円程度の仕事が多く、時給ではなく固定報酬となります。

時給に換算すると、数百円~1,000円といった方が多いでしょうか。

経験を積み文字起こしのスピードが上がると、それだけ多くの仕事をこなせるようになりますから、高収入を得やすくなりますね。

経験を積むとスピードが上がりますから、その分だけ、高時給になっていきます。

ただし、テープ起こしの仕事をおすすめ出来る人、おすすめ出来ない人があります。

主婦の方が自宅で仕事をして収入を得たい、といったことで在宅ワークをお探しになる場合も多いと思いますが、音声に集中する必要があるテープ起こし(文字起こし)の仕事に関しては、小さなお子さんがいると難しい仕事といえます。

家に小さな子供がいると、集中して仕事をするのは非常に難しいですよね。

愚図ったり、近づいてきてパソコンを適当に触ったり、叩いたり。
何をするか分からない年齢であれば、常に視界の中に子供を納めておく必要もあります。

ある程度、まとまった時間を確保して仕事が出来ることが大切な仕事といえます。

頻繁に仕事が中断するような環境にある場合、あまりテープ起こしの在宅ワークはおすすめ出来ません。

在宅ワーク 副業としてテープ起こし(文字起こし)の仕事を探すには

在宅ワーク・副業としてテープ起こし(文字起こし)の仕事を探すには、クラウドソーシングで探す方法がおすすめです。

ランサーズやクラウドワークスなどが大手クラウドソーシングサイトとして有名です。

テープ起こしのお仕事なら、ランサーズが求人数が業界トップクラスといって良いでしょう。

ただしその分、在宅ワーカーも多く提案してもなかなか採用されない、という問題もあります。
つまり、いつまで経っても仕事ができず報酬が発生しない、ということになります。
また、単価の下落傾向も強いです。

発注者としては単価は安い方が良いですから、目を引くために単価を安く下げて提案をまずは見て貰う、といったランサーも多いためです。

それを避けるために、クラウドワークスやビズシークなどのクラウドソーシングを利用する方もいます。

例えば、こうしたクラウドソーシングサイトにどういった案件が実際に掲載されているかというと・・・

・ビジネスセミナーのテープ起こし(40分程度) 8,000円~9,000円

・取材のテープ起こし(15分程度) 1,000円~2,000円

・取材のテープ起こし(2時間程度) 10,000円~20,000円

・インタビューのテープ起こし(30分~40分程度)急ぎ(発注から翌日納期) 10,000円~20,000円

といったような依頼案件が見つかります。

やはり気になるのは、単価、収入面だと思います。

単価としては、やはり長時間のテープ起こし、急ぎのために納期が短い案件などは高単価での募集が多くなります。

応募・提案数に関しても、難易度が高そうなお仕事になると減少する傾向がありますから、採用される確率も上がるといえます。

ぜひ、こうしたクラウドソーシングサイトを活用されて、在宅ワーク・副業としてテープ起こし(文字起こし)のお仕事に挑戦してみてください。

⇒ パソコンで在宅ワーク・アルバイト、おすすめクラウドソーシング(仕事情報サイト)

-テープ起こし(文字起こし)
-,

Copyright© 副業・在宅ワークで稼ぐ! , 2020 All Rights Reserved.